札幌市東区の総合病院 天使病院
天使病院について 部署紹介 「感染対策室」

部署紹介 天使病院の医療を支える、各部署のご紹介

HOME > 天使病院について > 部署紹介 > 感染対策室

感染対策室

院内感染防止に関する基本的な考え方

天使病院の院内感染防止に関する基本的な考え方

当院は患者さんと職員の健康を守るため、院内感染の防止に留意し、感染症発生の際には迅速かつ十分な治療を行うとともに拡大防止に努めるよう活動しています。

感染対策室の活動
  1. 感染対策委員会および感染対策チームを設置し各部署にリンクナース・リンクパーソンを配置して院内全体で活動しています。
  2. 感染症に関する専門の医師、専従で働く感染管理認定看護師、感染制御認定薬剤師などの専門職が院内の感染防止対策に取り組んでいます。
  3. 「天使病院院内感染予防マニュアル」を作成し、それに準じて職員が一丸となって院内感染予防に取り組んでいます。
  4. 院内感染防止対策について全職員に年2回以上、感染対策に関する研修会を実施し感染対策の啓発活動をしています。
  5. 感染対策チームで定期的にラウンドを行い院内での感染症患者さんの発生状況を監視し適切な対策がとれるよう指導するとともに、院内感染発生時の報告体制を作り迅速な対応をとっています。
  6. 厚生労働省院内感染サーベイランス事業に参加し、全国の病院と当院の感染症発生状況を比較し対策に役立てています。
  7. 職員に向け院内感染症の発生情報を知らせるために月に1回「ICTニュース」を発行しています。
  8. 平成24年度より「感染防止対策加算1」を取得し、地域の連携病院とも感染防止対策活動を行っています。
  • ラウンドの様子
  • 連携病院との活動の様子

スタッフ紹介

委員会など

感染対策委員会(ICC)

役割 感染対策、職業感染防止として実施すべき施策の決定および実施にあたっての助言、監督を行う。
メンバー 医師(委員長、院長、ICTリーダー)、感染管理者(認定看護師)、看護部長、事務部長、薬剤科科長、検査科科長、地域医療連携センター長など。

感染対策チーム(ICT)

役割 感染対策、職業感染防止に関わる実務を遂行する。
メンバー 医師(リーダー)、感染管理者(認定看護師)、感染対策薬剤師(専任)、検査技師(専任)の他、複数の事務職員、医師、看護師など。

メニュー アクセス

アクセス

天使病院アクセス

〒065-8611
札幌市東区北12条東3丁目1-1
駐車場有り
TEL:011-711-0101